« 晴耕雨読 | トップページ | 男子厨房に立つべし »

桜の開花

本日、東京の桜が開花しました。靖国神社の標準木で開花が確認されたのでしょう。ちなみに、標準木は3本あるのだそうだ。Tシャツ1枚でも心地よい日和となっている。ぼやぼやしていると1日を無駄に過ごしそうなので、朝から車を洗車してきた。

「ぼやぼやしていた」…同級生の独身男が「どうして結婚しないのか」と聞かれたときに答えた切り返しである。この切り返しは「とっても上手いなぁ」と思っている。そのこともあり、使わせて貰った。

午後は娘の買い物に付き合う予定となっている。付き合うと行っても一緒に歩くわけでなく、会計の時に呼ばれるだけである。娘さんをお持ちのお父さん知ってますか?娘さんの下着の値段。これまた凄く高いのです。娘二人の下着の買い出しの予算は4万円です。それでも、各々3着から4着らしいです。どういうことなの?です。俺のパンツはいくらなのよ!と叫びたくなる。他に洋服も春になったのでお願いします、ときたもんだ。それでも、まだブランド品には興味がないのが救いなのかもしれません。

先日、頑張れと願っていたニラは、芽を出し順調に育っています。その後撒いたほうれん草やサラダ菜も芽を出してくれました。今日の出費のことは可愛い野菜の子供たちに免じて許すとしますか。

« 晴耕雨読 | トップページ | 男子厨房に立つべし »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜の開花:

« 晴耕雨読 | トップページ | 男子厨房に立つべし »