« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月の記事

都営バス

本日、朝からB社の役員と打ち合わせがあり、出かけた。普段なら、メトロ(地下鉄)を利用するのだが、時間に余裕があったのでバスで動いてみた。池袋始発の東京ド-ム行きで料金は200円。どこまで乗っても200円。安い、しかもB社そばまで行ける。雨降りの今日みたいな日はちょっとうれしい。

乗って気がついたが、ほとんどの人はお金を払っていない。なぜ?何かを見せるだけ…よく観察するとお年寄りがすごく多い。この人達もしかして無料?これでは都内の中心を走るバスであっても赤字かな?いらない心配をしてしまった。

バス停も最近はすばらしい。途中駅までの予想到着時刻が電光掲示されている。これなら時間の心配も軽減される。実際地下鉄・JRも人身事故が多く、予定通り訪問できるか焦ることも多いのでバスも良いかなと思った。今度もう少し池袋発のバスでいろいろ行ってみようと思ったりもした。

気分転換

昨日は午前中に役員会を終え、午後は営業打ち合わせ。疲れた気分!よし、髪を切ろう、しばらく切ってなかったからな。ここ2年ぐらい前から髪は近所の美容室で切っている。2年ぐらい前に行き始めた頃は男性の客は少なかったが、今では本当に多くなった。特に平日の夕方は多いです。私が行くと店長が切ってくれるのですが、「いつものように短くですね」「はい」特に注文もなにもないです。短くしてください。こんな短い頭にカットのテクニックもデザイン力も必要ないが美容室に行ってしまう。

なぜか、近所に理容室はあっても年配の方が経営しているところばかり。若い人の感性が良いと思って、美容室に行き始めた。ちなみに家族4人(3人女)全て同じ美容室である。ちょっと笑える!

美容室と言えば、32~3年前、高校生の頃ラガーマンであった。男らしい!?・・同学年の約半数がロン毛のラガーマンであった。当時ロン毛の高校生自体が疑問視?されている時代にロン毛のラガーマンです。どうかと思うが、Kくんが当時美容室に行って、かっこいいカットにパーマをかけてきた。ええなあ・・。おふくろに、「美容室連れて行って、パーマかけたい」って話したら、近所のパーマ屋さん(和歌山では美容室をパーマ屋さんと呼ぶ)に連れて行ってくれた。そしてパーマをかけてみたら、よくあるオバちゃんの髪型になってしまった。今から考えるとしかたないと思う。高校生の、しかも男の長い髪のカットやパーマなんか受けたこともなかったろうから。そんなオバちゃん頭で学校に行ったら、「ゴアみたいやで」 ゴアとは昔はやった、マグマ大使に出てくる登場人物である。いかにこのヘアスタイルが強烈であったかは、30年経って、未だに同級生のみんなが良く覚えていて話題にもなる。

まあ、それから美容室は避けていたが、最近また美容室である。若い女の子が頭洗ってくれたり、肩もんでくれたり、本当に心地よいです。ところが、美容室には大きな問題点が!顔を剃らないので、眉毛が伸び放題になる。昔見た村山富市元首相の眉毛ほどではないが気になっていた。なので、恥ずかしかったが、眉毛カットまで頼んでしまった。あ~スッキリした。

年金漏れ!見つかる

消えた年金問題が騒がれ出して時間が経ちました。我が実家で喜寿を迎え元気な両親の年金を心配いたしておりました。「年金大丈夫か」うん「漏れはないらしいから」「そりゃ良かったな」なんて話しておりました。先日帰省の折、「年金漏れ見つかって返って来るんよ」だって。以前は無いと言っていたが、再度調べたらあったらしい。17年分返ってくる所、とりあえず5年分。それでも結構あったらしい。こんな、おかしいよな!文句言った人だけ調べて返す!ワケ分かりません。

そんな親に携帯を買ってあげました。と言っても10万渡され、「文字盤大きい機種で電話帳の入力済ませて送ってくれ」との要望であった。早速東京に戻ってY電気に直行!あるがな、ええやつ、機種無料!これ下さい。あとオプションで充電器など購入し帰宅。

早速電話帳は入力したが、万歩計・・・たぶん使わん。カメラ・・・使わん。ナビ・・・絶対使わん。と思ったが仕方ない。いっちゃん安い携帯購入したんだからね。それでも親が喜んでくれて、小さい親孝行をした気分である。

羽田空港駐車場

羽田空港駐車場は最新のシステムにて稼働しています。入庫時にカメラにて車番が登録され、事前に精算をしておけば帰りもカメラで認識されて精算所では自動的にバーがあがり、スムーズに出庫できるのです。ただ、事前の精算をする場所では「精算書?領収書?は必ずお受け取り下さい。」なんてくどいほど流れている。それでも、結構精算したチケットが捨てられていたりする。必要ないからね。

昨日いつものように羽田空港駐車場にて事前精算済ませて出口に向かった。バーの前に車を進めたが、バーが上がらない。どうして???「精算してください。」・・・?したでしょ!! と機械に言ってもしかたない。とりあえず、精算済みのチケットを再度投入してみる、バーがあがる。どうした、である。良かった、チケット持っていて。なくしたらどうなっていたの?払った、払わないって事になるの?まあチケットは大事にしましょうって事です。所詮機械がすること、トラブルは付きものなんでしょう。

今日は本当に真夏並みに暑い、恵比寿から埼京線で池袋と思っていたが、隣に湘南新宿ラインの列車が比較的空いていたので乗った。良かった、座れた。発車・・・反対じゃない!! あれれれ・・!大崎に着いたのか?気がついて良かった、次は横浜まで止まらん!この暑さのせいかな。いつも思うがこの湘南新宿ライン・埼京線・東京テレポート?これってややこしくないですか。池袋=大崎間で駅は池袋・新宿・渋谷・恵比寿・大崎と少ないのは良いがややこしいです。まあ大汗かいて会社に戻ってきました。

週末の和歌山 その②

その①で書いたが、JALの自動チェックインの画面で、到着空港が違うのに早い便に変更できます、なんてこと必要なんかな? ほんま大迷惑した。

それ言い出したらきりがないので止めます。金曜の夜は某製薬会社F部長と同級生の医師T君と3人で軽く打ち合わせ・土曜日は恩師のお祝いの会でラグビー部12名(桐蔭29期)が集まる事になっていた。土曜日の予定は知らせていたが、金曜日に和歌山入りする連絡は極秘?にしていた。ところが、同級生のI君・H君より、「どこで待ってたらええんよ。待機してまっせ。」うれしい誘いを受け飲んで食って帰ったら2時前になった。ふに~。

S_001

ご覧のメンバーが土曜日に集まった。医師・県庁職員・教師・学者?自営業・企業人・隠居まで良く集まったもんだ。この写真の頃はみんなまだ紳士的であった。2次会が終わりそうな頃にまた、記念写真やろと誰かが言うと、おおそうや!だれかれなしにズボンを脱いでいく。なんでやろ、和歌山の記念写真はケツだしが標準らしい。この写真もあるが載せられない。残念!そして、和歌山2日目の夜も終わり、帰りのタクシー。流れ解散でラーメン食うのを忘れてた。掘止めの「まるやま」でラーメン食べたい。・・・こんな申し出に優しい運転手さん「いいですよ、メーター止めて待っててあげら」鯖鮨にラーメン、鮨はうまい!もう一つ食うか。食い過ぎかなと思いながらも完食。運転手さんにも鮨1個みやげ。ありがとね、運転手さん。家にたどり着いたら朝まで記憶がない。

日曜の朝、風呂で酒臭い汗をたっぷりかいて朝飯食ったら、関空行きのリムジン10:35発や、急がんと・・・・。間に合った、フウ~。バス停にリムジンがやってきた。「お客さんこれ関空行きやけど、いつ着くかわからんで」 ええええ・・・・どういくことなん?「高速通行止めで大渋滞なんよ、電車の方がええちゃう」電車って。JR・南海?「JR遅れてるみたい南海の方がええで」今からやったら11:00の特急乗れるで。よっしゃ南海や!ほんでも和歌山市駅まで行くバスが15分後。あかん、タクシーや。タクシーで市駅まで、1400円也。1100円で空港まで行けるのに・・・。しゃあないか。市駅から関空まで南海で・・840円。偉い損した気分になってきたで。岸和田やったかな、乗り換えのアナウンス「となりホームから接続の特急に乗り換え下さい。」 かっこいい!!!! こんなかっこええ電車久しぶりに見た。とりあえず乗ったら場内アナウンス「この特急○○は全席指定です」 えええええ! これ特急料金いるんかいな、ここからはすぐ近くやんか。と思ったが700円取られた。(乗車時間10分ぐらいかな)・・・・・・・・。損した。リムジン・・・。なんで交通止めなん。

わけわからん内に散財してもた。あ、それと言葉もそろそろ切り替えかな。本日は月曜日。よし、頑張りましょう。

週末の和歌山 その①

1年ぶりの和歌山入り、金曜日の朝はウキウキ気分もありハイテンションであった。

羽田から関空へ飛ぶ予定で、いつものように空港のJAL自動チェックインの前に立つ。カードを入れる。画面にいつもと違う案内が出てきた。

― 「現在次の便に変更できますがどうしますか?」 ―

何、あっそう。早い便に乗れるのか?なら乗り換えようかな。ゆっくり朝飯喰って搭乗しようと思っていたが、手続きを済ませたら直ぐの搭乗となる。

が、シ、シマッタ・・・。この早い便、伊丹空港行きやないかい。関空と違うがな。和歌山に行くには伊丹空港はアカン。遠回りや。しかし今となってはもう遅い。誰に文句も言えず、とぼとぼ伊丹空港行きの機内に。

伊丹からは難波までリムジン。難波から南海本線で(20年ぶりぐらいに乗った南海本線)和歌山まで。難波で時刻表を見ると和歌山行きの急行がなく特急しかない。どうして?

特急券は払いたくないから急行で行きたいのに・・・。駅員に「急行ないの?」と尋ねると「特急だけです。」  しゃあないな。 「ほな特急券と乗車券下さい。」「お客さん特急券いらんとです。」  ほんまかいな はよゆうてよ。悩まんですんだに。そんなこんなでやっとこ和歌山にたどり着いた。

世界のナベアツ

ナベアツのパーツ組み込んでみました。楽しんでいただけるかな?ナベアツも一発芸で終わらないか心配だ。そんなの関係ない・・・。あれ、こいつも最近元気がないし。

とにかく、お笑い目指して次から次からホント出てくるから大変と思うよ。なんか、飽きられずに長~く好かれる芸人はやっぱ少ないか。どのみちプロとして飯食っていくって事の大変さだけは分かる気がする。

教育現場の進化

朝の地下鉄、一番前の少し空いている車両に乗り込む。お、、特等席空いてる。特等席とはドアとイスの間に人一人分のスペースである。よし・・・ついてる!あとはカバンから昨日買った檄辛数独をとりだし、まずは簡単なレベルからスタートした。

千川駅に到着。えええええ・・・12~3人の小学生の団体が引率女性教師につれられて乗車。あっという間に私の周りに小さい子供たちがあふれ、身動きが出来なくなった。足を踏まれ、カバンをぶつけられ、それでも小学生はかわいかったので許せた。社会科見学にでも行くのかな。池袋あたりで降りるのかと思いきや降りなかったため、下車するのも一苦労であったが問題ない。

朝のニュースで教育現場のデジタル化を紹介していた。夢の電子黒板、カメラ付き電子ペン、等々、優れものを紹介していた。そこでナント!和歌山市の電子ノートなる物が紹介されていた。ホホ・・・和歌山市は教育には熱心である。うれしくなる。

しかし問題はその先だと思う。良い人材を育てても東京・大阪など他府県で働く若い人が多いではないか。実際自分の高校の同級生はどのくらい和歌山にいるのだろうか?医師・公務員(教師含む)・自営業以外の企業人は本当に少ないのではないかな。和歌山出身者としては企業誘致とか、若い人材が活躍できる環境を整えられたらなぁ・・・・。あ、いかん。ちょっと夢見てしまった。

嵐のような1日

自宅から最寄り駅までに何本の壊れた傘を見ただろうか?この壊れた傘、風で飛んでいくと危ないなぁ・・と思いつつもどうしたらいいか分からない。ゴミ箱があるわけでもなく、どうしようもない・・・でも危ないなぁ。

そんなことを考えながら、池袋からJRに乗り換えて某企業を目指した。(今日は朝から最終面接があるのです。)ところが湘南新宿ラインが動かない。なぜ? いつもは山手線を追い抜いていくのだが、逆に抜かれていく。どうして・・・「新宿駅の混雑で信号待ちの為停車をしております」・・・なに! どうでもいいけど、山手線はスイスイかい。しまった・・・もう遅い。池袋から新宿まで1駅なのに30分かかった。しかも満員電車。朝からホンマに疲れた。

コーヒーショップで最終打ち合わせと結果の反省会。タバコやめたんですか?うううん。

「1本ください・・・」という言葉を飲み込んで、今日我慢すれば、とりあえず3日坊主達成である。明日も頑張るしかない。しかしながら週末の集まり(飲み会)で我慢できるかが当面の大きな山かな。

禁煙2日目

朝起きてまずは1服?あっ・・・。やめたんだ!吸いたいです。ウウウウウウ・・がまん。

池袋、歩行喫煙禁止であるのに、吸ってる輩がおる。その煙の匂い、クサ!やっぱりやめて良かったと自分に言い聞かせる。

これからは仕事で考え事するときどうする?・・・・右手にペンでも持たせるか、そんなことより、朝から何回タバコのこと考えているんだ。とにかく3日間頑張ります。

禁煙スタート

朝5時に目が覚めて、タバコを1服。あ~あ最後のタバコ吸ってしまった。そう、買い置きのタバコが無くなったら、もう買わない(吸わない)と決めていたのである。

朝ご飯、納豆にみそ汁と定番の朝飯を食ったら、タバコ・・・・もうタバコ無いのです。ここは我慢。タバコを吸いたいという思いは長く続かないので他に気を紛らわせていれば・・・。ちょっと辛かったがやり過ごした。お昼は近所の焼き肉屋でランチ・生ビール付き。うううう辛い。店の前にはコンビニ、その隣には自販機まである。我慢した。

食後の散歩に農協経営の園芸センターまで歩いた。先週植えたキュウリが枯れたので、キュウリの苗を買おうと思ったが無かった。

それでも、赤・黄・ピンクの3色の綺麗な花をつけたケイトウの苗120円、安い。食卓に飾るといいかも、と衝動買いした。

あ~あ・・・・・何をしても定期的にタバコのことが頭を掠める禁煙1日目である。

鯨肉

今日のニュースで鯨肉の横流し?が取り上げられていた。環境保護団体グリーンピースが告発?したことから発覚したようである。またこの告発にも証拠品を勝手に持って行ったとかで窃盗罪?になるんか・・・まあなんや、ややこしい話である。

鯨で育ったと言って過言でない私などは保護もわかるけどミンク鯨などは多数いるらしいから商業捕鯨復活してもらいたいなあ。小学生の頃の給食の一番人気はダントツ「鯨のこはくあげ」であろう。関東ではたぶんこれを竜田揚げというのであろうが、和歌山では「こはくあげ」と呼んでいた。

本当にまずい脱脂粉乳のミルクとコッペパン、それでも鯨のこはく揚げが有ればうれしかったなあ。給食と言えば、休んだ人には給食のパンを休んだ人の家に届けるなんちゅうこともしてたな。家が近所だった桐蔭29期の蹴球部のT君は良く届けてくれたもんです。T君とは同窓会で久しぶりにあったら頭が寂しくなっていて笑わせてもらいました。

話は飛んでしまったが、本当に口に入らなくなった鯨肉が今となっては懐かしい。いつかおいしい鯨料理を食べた~い。

栄光のルマン

先日、F1参戦中であった、スーパーアグリが資金難からとうとう撤退に追い込まれた。スーパーアグリの熱い志には共感できるものがあり頑張って欲しかった。残念である。そんなモータースポーツの世界に東海大学の学生チームがルマン24時間耐久レースに参加するという。企業のバックアップがあっても難しいレースに車の制作から始めて7年でとうとう今年予選に出るらしい。何とか予選を突破し、本戦の完走を期待したい。

今年のルマンは予選会から大注目である。

話は全く違うが今週初めからの寒さは異常である。先週末植えた野菜の苗を心配していたら、キュウリがあぶない!元気がない。葉がしおれてしまった。天候が回復して気温が上がって回復することを祈るのみか。

夕張メロン

でた・・・・。2個250万円のメロン!ちゅうことは1個150万円也。誰が買うかちゅうねん。

ビックリすると言葉までおかしゅうなる?しゃあないか和歌山の田舎もんやさかい。そんなことより、お金有るとこには有るって事やね。税金・無駄金・道路財源なんや世の中おかしくないかあ。

弊社にも最近夕張出身の社員が入社したが、それはもう大変らしい。だから今はとにかくがむしゃらに働くだけ、なんて言ってます。こんな若い人たちが一生懸命働いたら報われる世の中になって欲しいです。MRジャパンにも明るい未来を・・・うひゃひゃひゃ。

メデューサ

昨晩、テレビ東京で興味深い番組が放映された。「メデューサの瞳」・・人を見抜く達人たちが、見た目・質問から正解を導き出す番組であった。私も本当にたくさんの人とお話しさせて頂いているからか結構正解率が高かった。実際いろんな角度から質問させて頂くとだいたい相手の性格や考えていることがわかります。

それでもびっくりしたのは見た目「服装・化粧・振る舞い等」にて判断することにおいて、今回登場されていたゲストはすごかった。私などは思いもつかない事に着目し日常生活を推察していく能力に驚いた。ちょっと今後の面接に活かしたいなあ・・と思ったりもした。

見た目が大切である、なんてことを書いている本もよく見かけるようになった。でも私は「人生のキャリアプランをしっかり描くこと」・・それが最も大切と思う。

国立・公立大学・一流?私立大学出身で30歳前後になってやっと現実に直面し、世間の厳しさを痛感された方も多いでしょう。それまで自分の生きたいように生きていく。やりたいようにやっていく。後は何とかなる。なんかそんな考えを持った若い人が多い気がします。

我々の頃は卒業したら、とにかく働いて独立することに何ら疑問がなかった。だからフリーターとか派遣社員とかは少なかったと思います。人材会社に在籍している私から見ても、能力を活かしきっていない若い人を見ているともったいない気がします。早く自分の道を見つけて欲しいと思ってやみません。

雨降りの休日

今日も朝から冷たい雨が降っている。そんな雨の中、某企業の最終面接があり応募者を連れて行くことになっている。連れて行く前に少し緊張をほぐしてやりたいので少し前に集合をかけている。緊張をとくにはお笑いなんか良いと思う。無事内定が出れば良いけどなあ。

昨日も冷たい雨が降っていたのでテレビの前にかじりついてしまった。最近はテレビだけでなくユーチューブなる物があり検索をかけると結構面白い。特にお笑いでは無名のグループにおもろい奴を見つけることがある。たとえばラバーガールだ!とにかくネタがおもろい。疲れた心身にもお笑いが良いと思う。しかし最近のテレビ番組お笑い芸人が出過ぎと違うかな。クイズ番組まではよいとして、ニュースのコメンテーターまでお笑い。他に文化人おらんか!と思う。

昔、人生航路?(こんな漢字やったか忘れたが)ぼやき漫才の夫婦がおりました。さんざんぼやいた後に、決めぜりふに「責任者出てこんかい!」と叫ぶおもろいおっさんがおったことを思い出して一人笑ってしまった。なにはともあれ、いつテレビをつけても出ているお笑い芸人にはちょっと引いてしまうこともある。

デジタル放送

もうすぐ、デジタル放送に切り替わる。現在デジタル放送受信機の普及が40%を超えたらしい。しかしながら、未だに我が家ではブラウン管のごっついテレビが幅をきかせている。テレビっ子としてはそろそろ買い換えかな、と思うがなんかもったいない気もして買い換えられない。

それでもって今日は「ダビング10」なんて事もニュースになってる。デジタル放送を録画するときのダビング回数についての議論らしい。確かにデジタルだときれいに映るので新たなビジネスも考慮していかねばならないのだろうか。

先日83才の義母が入院してお見舞いに行ったらラジカセが欲しいなんてことだったので、電気SHOPを覗いてみた。ラジカセなんて今時無いだろうなんて思っていたら、いやあ~びっくり!有りました。それもとても安い。35~6年前、中学生の時に初めて買ったラジカセが確か2~3万だった気がするが今や10分の1である。

ついでにいろいろ見て回ると音楽再生もiPODぐらいならわかるが後はもうわからん。パソコンもサブノート?これってパソコンと違うのか?50才直前の自分としてはもう時代についていくのがちょっとしんどいス。

青山・表参道

昨日、某外資大手メーカーの人事責任者と面談があり青山方面に出かけた。行きは渋谷からバスにて会社を訪問した。返りも素直にバスで渋谷に戻り池袋を目指せば良かったのですが、国内某メーカーの人事部長より携帯に連絡が入り打ち合わせが必要となってしまったので、表参道まで歩いて行って地下鉄にて帰る経路に変更した。道すがら池袋とはほど遠いおしゃれな店を眺めながら歩いた。止まっている車も外車が多く、これまたかっこいい外車でメーカー不明の車があった。「CROSS FIRE」?って書いてる。なんかわからんが、かっこいい!です。そんなこんなで、表参道についたが連絡がなく、しかたなくスタバでコーヒーを飲みながら連絡待ちをした。30分後連絡が取れ用件終了。さて帰宅であるが、①表参道ー永田町ー氷川台②表参道ー渋谷ー池袋ー氷川台のどちらのルートにしようか迷ったが①のルートに決めてホームに向かう。

向かったホームはなぜか渋谷方面なんじゃしかたないなあ、突然②に変更か!渋谷でJRに乗り換え代々木に着いた頃車内アナウンス「現在目黒ー恵比寿間でお客様が線路内に立ち入りをしているため山手線全線駅止めております。係員が保護に向かっております。復旧にしばらく時間がかかります。」バカモン!どこのドアホが、迷惑千万。混雑した車内で待っているのは大変ではないか。

そんな中、いち早く車両をおりていくお客さんがいる。どうして?と思っているとまた車内アナウンス「隣の新宿方面に総武線にて向かえます」それを聞いたお客はどっと降りていった。なるほど、俺たちも代々木ー飯田橋ー氷川台の手があるではないか。と思ったがお客が降りたおかげで座れた。急ぐ旅でも無し。のんびり待ちましょうか。ってことで待つことに。どれだけ待ったかはよくわからんが数独を眺めながらのんびりしてしまった。

それでも予定より1時間ぐらい遅れて池袋着。疲れた、こりゃ冷たいビールで一杯ってことでリーズナブル行きつけの寿司屋にGO。ちょっとした事でいろいろな事件事故に巻き込まれる日常を痛感した1日でもあった。

連休も終盤?

長い連休も終盤になってきました。ゴルフに出かけただけで、何も予定がなかったが今日、映画「相棒」を見てきた。帰り道、園芸センターによって、シソ・キュウリ・ナス・トマトの苗を買ってきた。もうベランダは家庭菜園で一杯一杯です。

家庭菜園と言えばニラは葉っぱが広くならないのですがどうしたら良いでしょう。ニラ栽培に詳しい人教えてください。

後二日有意義なゴールデンウイークにしたいと思うが、予定が・・・・・。こんなもんかな?反省の日々です。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »