« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月の記事

エスカレーター

3~4ヶ月ぶりにやっと、池袋35番出口の工事が終了し使用可となった。何の工事かと思えば、エスカレーターの設置工事であった。下りのエスカレーターがお目見えした。

必要なのかな?と思いながら、ふと貼り紙に目をやると、「エスカレーターでの歩行は思わぬ事故に繋がりますから、やめましょう」とある。しかし、このような貼り紙はどこまで効果があるのか、本気でやめさせるなら、歩行禁止のアナウンスでも流さないとね!

エスカレ-ターでの歩行は常態化している(東京は右・大阪は左が追い抜き路線?)のでホント歩行禁止は難しいと思う。

なにはともあれ、本日、本年最終日となった。派遣社員の皆さん、お疲れ様でした。来年は更に良い年となるように共に頑張りましょうね!特に来年転籍予定の皆さんは健康と事故には充分注意してください。

では良いお年を!

うどんにコロッケ

最近さぼっていたので、久しぶりの更新です。

ちょっと早い昼を食べて帰社。「手打ちさぬきうどん」を食してきた。うどんといえば、立ち食いうどんでは絶対コロッケを食べたい派です。我が家では邪道らしいですが。とにかくうどんにコロッケは・・・・大好きである。でも普通のおそば屋さんではコロッケうどんなどはメニューにないからちょっと悲しい。

ということで、ぶっかけうどん大盛りにコロッケ・エビ天・いなりとトッピングを付けて満足して帰ってきた。

気がつけば今年ももうすぐ終わる。先日釣りの師匠でもあるU医師より連絡を頂き、年末鯛釣りに行くことになった。釣りは久しぶりなので、師匠のお誘いをありがたくお受けした。

さて釣果は?来年の運勢を占う意味でも頑張ります。良き画像がUPできますようにである。

地ビールとタン塩

先日昔からお世話になっているDrと四谷で何年かぶりにお会いした。そこでまず目に入ったのが、「全国初の地ビール『エチゴビール』有ります」の案内。観光地に行くと最近地ビールを見かけるが、特にウマイとは思ったことがなかった。ところが、これは全国初とある。これは飲まねばならんでしょう。スッキリした飲み口のおいしいビールであった。

このお店、ほとんどの品物を新潟県から取り寄せている。日本酒もうまかった!

Simg_0451

もうひとつ、これはあまり紹介したくないが、池袋に宮城県のアンテナSHOPがある。弊社から歩いて1分?かな。とにかく近い。

ここの店の奥に、小さいが食事が出来る場所がある。仙台とくれば、笹かまぼこ&牛タン!

そう、牛タン屋さんが入っています。その中で一押しなのが「通定食」。通の人が食べるから?まあ名前はともかく、安くておいしい難点はすぐに売れきれること11:00開店のお店で12:00近くなるともう危ない。知る人のみが食べる事が出来るのです。

先日、宮城県設定の2時間ドラマで刑事がお店に入っていくシーンがあり、このお店が使われていた。(おいおいここは池袋だろ!と一人ツッコミ入れてもた)

Simg_0454

今日は牛タン塩の枚数数えたら20枚あった。それに、お変わり自由の麦飯にとろろ・テールスープ・漬け物がついて840円。安い!

漬け物もおいしいから、店で売っているかと聞いたら「蔵王菜」として売っていた。会社の帰りに買って帰ろ。

週末の出張

週末に大阪・名古屋方面にて面談をしてきた。ちょっと時間はかかるが、分刻みの行動をするにはJRが時刻通りに動くので、飛行機よりは安心感がある。

土曜日に池袋の会社にて面談を済ませてから出かけた。まずは池袋駅ホーム、山手線が入ってきて、2~3才ぐらいの男の子の手を引いたお母さんが降りてきた。その男の子の足がホームと列車の間にはまり、お母さんがビックリしながらも片手で引き上げた。(良かった・・・)あらら、片方のブーツが脱げてホームの間に引っかかっている。取ってあげようとした瞬間(年のせいで動きが鈍くてスミマセン)、降りる人の動きで列車が揺れブーツは線路上に落ちて行ってしまった。全く役立たずの私です。

それから大阪へ。応募者の人数と会場の広さの関係で2回に分けて案内をしていたのですが、前にも書いたがドタキャンです!連絡があったのは1名のみ。マナー悪いぞ!後半は全員来たのですが、時間的にバランスの悪い面談となってしまいました。

次の日は朝から大阪で面談した後、名古屋にて途中下車。どこまで応募者の方々と有意義な時間を過ごせるか、なんて考えながら・・・。でもいつもの事ながら反省ばかりである。

派遣切り

今日は自宅を出ると春を思わせるような、暖かい南風が吹いていた。この風に乗って道路脇に立っている銀杏の葉が舞っている。紅葉を見に行けず残念な思いをしていたが、今日の黄色い銀杏の葉が舞っている様子は心を和ませてくれた。

ところで、最近は何かと「派遣労働者を解雇、大手企業まで!」という見出しが目立つようになってきた。しかも派遣切りを発表した企業が極悪であるがごとく報道している。本当にそうなのでしょうか?派遣・紹介業を主たるビジネスにしている弊社としては他人事ではない。

なので、皆さんにも少し考えてもらいたい。派遣はもともと企業・労働者双方に都合の良いシステムである。だから、これだけ普及したと思われる。企業側は採用に関して時間をかけずに必要時、必要な労働力を確保できることが最もメリットのある話でしょう。一方労働者にとっても労働条件が明確で自分の生活リズムにあった働き方ができると考えていたのではないでしょうか。たとえば、正社員になると避けられない転勤・職種変更・配置転換・残業等、自分の望まない業務につくこともあるでしょう。しかし派遣は契約上の問題でこの点が非常に明確になっている為、派遣を選んでいる方もいらっしゃると思います。

今回は企業側が少しばかり強引に企業のメリットを活用したとしか思えません。労働者側の皆さんが職に就く前はどのような思いで職に就いたかを考えて欲しいのです。派遣の仕事しかなかったと言われる方も多いと思います。しかし本当にそうでしょうか?中小企業で労働者が不足しているところもあるでしょうし、職種を少し我慢すれば正社員になれたかもしれません。

私は「派遣は将来の不安があるからステップアップとして派遣を選ぶなら理解できるが、先程述べたような派遣の良いとこ取りは危険である」と以前から言ってきた。だから弊社では若い人を派遣する場合、将来のキャリアプランを応募者と一緒になって考えた上で、派遣先の提案をさせていただいています。若い人には正社員を目指して欲しいのです。

しかし現実には弊社に来られる応募者の方々は、正社員にはなりたいが自分の要求も捨てられないという方が多いのです。したがって先の見えにくい派遣の営業を選んでいる場合が多いと思います。そのツケが出てくるのは40才を過ぎる頃からで、極端なほどに就業先が無くなります。あわてて正社員を目指しても遅いのです。だから若いときからしっかりとしたキャリアプランを持って欲しい、私は少しでもその力になりたいと考えています。

少し生意気なことを書きましたが、自分自身が若いときに犯した過ちを反省しつつ皆さんと考える意味で書いてみました。

車保険の不思議

毎年今頃になると車の任意保険更新の案内が送られてくる。大学の4年生の時に車に乗り始めて、保険を使ったのは1~2度。途中いろいろ等級の制度が変わったが、現在も最高割引ランクの20等級である。車両保険にも入っているが、小さなこすったような傷は気にならないのでそのままにしておくと現在のランクである。

これ以上の等級がないので割引がないのはしょうがないとして、なぜに今年は昨年と比べ2万円近く値段が上がったのか不満であった。

そしたら、なんと年齢が50を過ぎると事故が多くなるとのことで保険料が高くなるらしい なんか納得がいかないが継続するしかないのか、と他社見積もりも試みたが面倒くさくなって途中でやめた。結局現在の保険を継続することにしたが・・・来年更に値上がりするようだと考えねばならぬ!

事故がないのに保険料が上がる不思議・・・・

0系新幹線

中学3年生の修学旅行で初めて東京に来たとき新幹線に乗った。誰が見つけたか、あるスイッチを入れると走っている速度表示が出る仕組みになっていた。その表示で210Kmを見て歓声をあげたものだった。

あれから、30数年、とうとう「0系」は引退の時を迎えるらしい。あの頃が中3だとすると同じような年代の石川遼君が1億稼いでいる、他にもスポンサー収入とか入れると・・・?ビックリします。

話はガラっと変わるが、昨日本屋さんを覗いたら一冊の本が目にとまった。山積みされているその本は「竹中式マトリクス勉強法」。50才の声を聞いてこれからでも遅くないのかと思いながら、ぺらぺら見ただけで購入は・・・ごめんなさい、竹中先輩買いませんでした。

「目標を持って生活しなさい」って事かな、と勝手に理解してしまった。人生後悔先に立たずとは言われるが、「あの頃もう少し勉強していれば」、「もう少しスポーツに力を入れていれば」・・・もうこれ以上後悔してはいられない年代に入ってきたと感じる今日この頃である。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »