« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月の記事

朝青龍に非難集中?

先日朝青龍が優勝しテレビ等のメディアでは一時おめでとうの嵐だったが、だめ押し・ガッツポーズは品格がないと騒ぎ立てる。これまでも品格については問題になっていたが、朝青龍が場所に出ると、興行収入が上がるから、相撲協会も目をつぶってきたとしか思えない。今度やったら厳しい処分とかっていう話も、なんだかなぁ・・・信憑性に欠ける話である。

テレビ局(マスコミ)も視聴率には弱いし、金になれば全て良しの風潮は否めない。一般企業もそうだが、まずは利益をあげなければ成り立たないのに、派遣切りは企業の責任を果たしてないって非難するのはどうだろう。会社自体が破綻したら波紋が更に拡がるのは明らかだ。

話は変わるが、フォーリーブスの青山さんが亡くなったのはちょっとショックです。我々のまさに青春時代のヒーローだから。しかし・・・これで思ったのは江木俊夫って以前覚せい剤で逮捕されたのにいつの間にか復帰して、何かと問題を起こしていた山本モナも何度となく復帰する。芸能界はホント何回でもやり直しがきくのが凄いって思う。

一般社会の人が転職して成功する確率を考えたら・・・う~ん、やっぱり甘いだろう。普通はなかなかやり直しは難しいのよ。だから大変なのに・・・。

またまた話戻るけど江木俊夫さんが出演のマグマ大使にでてたゴアって知ってます?高校時代の何人かが「ゴア君」って筆者のことを呼ぶ。なぜか高校時代ラガーマンであったにも係わらずロン毛であった。ある日友人の美男子K君がパーマをかけてきて、かっこよかった。30年以上前の高校生で美容室に行くこと自体珍しかったと思う(特に和歌山では)。それでも母親の行きつけの美容室でパーマをかけてもらったら、男子高校生にかける技術もなく、まさにオバちゃんパーマをかけられゴアの頭のようになってしまい・・・・。当時共に過ごした仲間にあまりに強烈なイメージを残したのか、未だにゴア君って呼ぶ輩がおる。ホントなつかしい思い出である。

そんなこんな考えていると早くも1日が過ぎてしまう。今日も頑張らねば

鯛釣り報告

Simg_0491

昨日、剣崎港の「あまさけや丸」に乗船し鯛釣りに行ってきました。

師匠でもあるU医師のお誘いを受け、先生と私、それにこの日は船長兄弟2人が乗船し、一人が船の操縦、もう一人が釣りをすることになり、絶好の天候の中7時に出船した。

まずはU先生が鯛を1枚釣り上げる。続いてまた先生にヒット。今度は少し型が良いみたい、と思っていたら良型の石鯛。その後も先生が連続ヒット、鯛・鯛・鯛・・・・。もうどうなってるの

泣きたくなるが船長も釣れていない、ここは我慢。しばらくすると初めてのアタリで竿がグ~んと突っ込んだ。HITと思いきや、竿を手に取ると何かおかしい。針掛かりしなかったみたいです。残念。その後船長にアタリが来て鯛をゲット。いまだ坊主は私だけ

それでも、9時過ぎにはやっと1枚鯛を釣り上げ、そしてこの後2枚目を釣り上げて、自称鯛釣り名人の私もホッと一息ついた。

こうなると、更に良型を求めて深場へGO。結果は大型の鰺の乱舞で終わったが楽しいひとときであった。

ちなみに「あまさけや丸」のホームページ紹介しておきます。

http://amasakeyamaru.com/

パスポート申請

今日は朝からパスポートの申請に行ってきた。準備する物は戸籍謄本・はがき・写真等で写真屋さんは申請場所の隣にあるとのことだったので準備せずに行った。

写真ネガもなく2枚で2200円(これって高くないですか?)・・・しまった、と後悔する。

それでもとりあえず写真を撮って申請用紙に記入し受付を待っていた。古い期限切れのパスポートを提出すると写真が劣化しており顔が見えない。受付の女性も「こんなの初めてです、どうしました?」と驚かれた。ある意味すごい写真になってた。もしかしたらタンスの防虫剤?いろいろ考えたが分からん。「今度は保管場所に注意してください」だって。

なにはともあれ、無事申請を終了

某基幹病院の副院長H先生の旅行に急遽参加することになったのであわてて申請してきた。2月8日から台湾に行ってきます。台湾は2回目ですが、もう25年も前のことで今では新幹線が出来て今回はこれにも乗れるらしい。ちょっと楽しみ!

また昨日は釣りの師匠U院長より電話があり、明日は鯛釣りに出かけることになった。天気は?釣果は?またご報告したいと思います。できれば朗報を

マンション修理

久しぶりの更新です。

今年に入ってから、体同様、十数年前に購入したマンションのあちらこちらが傷んできました。

まずは、ガスの給湯設備。今まではお風呂のお湯が入ったらブザーでお知らせしてくれていたのに鳴らなくなった。最初は気づかないだけかと思っていたが次の日も気づかない。お湯はちゃんと入っているが・・・液晶パネルの表示をよく見ると、時間表示のはずが謎の数字が点滅している。自動のスイッチを切って再度入れると、一旦表示が戻るがまもなく同様の数字表示となり、そのたび湯量が設定より増えていく。溢れるほどではないが修理を依頼。年数からして全取り替えだと35万。う~ん、今回は部分修理で1万数千円で済んだ。・・・ついでにこの時メーターボックス内で水道管からの水漏れが見つかり、即効水道局に連絡、その日の内に直してもらった。(これは無料)

ホッとしたのも束の間、今度は洗面所の蛇口付近からの水漏れ。とりあえず業者を呼ぶ。見積もりを依頼すると、蛇口のみの交換で2万弱、やっぱり全て交換で5万数千円だという。蛇口の部品代だけだと安いらしいので、蛇口はメーカーに関係なく合うのか一応確認し・・・なにしろ家の洗面台はナショナル製(現Panasonic)・・・DIYのお店で好きな蛇口を買ってつけようかと、totoとかいろんなメーカーのをみてみたが穴が合わなそうなので、やめておいた。

再度、見積もりした業者にナショナルだけど大丈夫?と連絡すると、すぐにつけられるという。

「しゃあない、全取り替えでお願いします。」

修理が終わってきれいな蛇口になり、「これ2年保証ですから」って渡された保証書にはしっかりとtotoって書いてある。結局どこの蛇口でも合うんじゃないか

もうええわ、やっちまったものは仕方がない。だけど説明不足がちょっと気に入らんと言ってたら、カミさんと娘が「ちょっといい男だったよね」だって・・・。観点が違~う!!

派遣法改正

明けましておめでとうございます。

最近更新をさぼっていたらあちらこちらから、心配されるようになってしまい、申し訳ございません。昨年来、暗いニュースばかりで楽しい気分で書くことも出来ずちょっとさぼってしまいました。昨年末には消化器科のU医師と鯛釣りに出かけたが、小さい鯛を1匹確保しただけ・・・やれやれである。

それはさておき、自民党議員が派遣村の視察に出かけて、「働く気があるのか疑問である」なんて発言して非難を浴びたが、全くもって理解不足である。

多分、議員としては「こんな時だからわがまま言わず、どんな仕事でもやりなさい!」というくらいの気持ちだったのでしょう。ところが人間はどんなピンチでも気が向かない仕事には就けないのです。だからわがままに見えるのです。また、そういう人が派遣を選択してきたと言っても良いのではないでしょうか。

派遣法の改正で庶民の評価を得ようとする野党もどうかな?つい最近まで企業の将来はワールドワイド世界的視野に立ち、企業は株主の利益を優先せよ!なんて言ってきたくせに今となっては簡単に社員を切る企業体質を非難する。

もし、社員を大切にすることを優先し、世界との勝負で負け組になってしまった日本の姿が将来出てきたらどうするのか?それこそ世界との摩擦を気にせず日本だけの労働環境を整えられるのかいささか疑問である。

弊社は派遣を生業としている企業であるから思うが応急処置的対策ではなく今度こそ将来ビジョンを掲げた対策が欲しい。

弊社の「派遣から派遣先企業への転籍」を目指す!この精神が受け入れられる時代ではないでしょうか。

ちょっとえらそうに書いてしまった。反省ー反省。

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »