« LINE? | トップページ | 賞味期限・消費期限 »

星薬科大学

小生の母校であるが知名度が低いので、プチ学校紹介をしてみたいと思います。なぜ急にこの話を・・。ちゅうことやけど、昨日彼女とイタリアン?で飯を食いながら、いろいろ話している間に、桐蔭高校時代は単におもろいことだけを求めて日々過ごしていた、硬派の小生がなぜにちょっと軟派な人格に変わったか自問してみた。

桐蔭高校は男女比では圧倒的に男子が多かった、しかも理系の小生は3年時にはクラスの女子は4~5名だったと思う。なので彼女と呼べるかどうか(Iさん桐蔭生ではない)わからんけど2人で出かけても手もつながず多分高校2年生の途中には自然消滅したんよなと昨日確認する(笑)

そんな硬派な小生が入学した大学が星薬科大学。大学といっても1学年が280名前後なので4学年(現在は6学年)合わせても桐蔭高校の生徒数に及ばない、スモール大学なのです。和歌山出身の小生は星薬科を知るはずもなく、そう知名度かなり低い。某29期I君に至ってはお前とうとうスターになったな、と冷やかされる始末である。

今更であるが、薬学部?って何、何の知識もなく友達が受験するということで実力試しに(受験日が早かった)受けた小生。結局合格したのは星薬科だけで入学したのである。

入学してみると、圧倒的に女子が多く、小生は女子大に入学した気分になった。280名中男子は50名前後である。

柔道部・空手部にいたっても女子のほうが多い。へたな授業に出るとクラスに男が一人だったこともあった。

硬派な小生があっという間に軟派な男に成り下がったのは、環境に直ぐに影響される小生の体質なのか。そう、できたら大学に行きながらもう一度別の大学を受けなおすつもりで入学したのに、優しい?女子に囲まれて心地よく、とうとう大学を5年も在学してしまう。あっちゃー。授業料が30万そこそこで安かったから(両親にごめん)まあ良しやけど、小生の娘薬学部5年生、あと1年で卒業無事卒業してくれよ。(祈る思い)授業料がめっちゃ高いんやから。

話はずいぶんそれたが星薬科大学は小説家故星新一(代表作きまぐれぼっこちゃん)の実父星一が創設した、大学である。場所はちょくちょくテレビで放映される戸越銀座商店街近くと都心の真ん中に位置し、ちかくにロック歌手チャーが住んでおりよく散歩していた。

今の若い人はチャーを知らんと思うけど、超人気ロック歌手?である。

またまた話はそれたが、都心にある。JR五反田駅から池上線で2駅戸越銀座駅下車徒歩7分でキャンパスにたどり着く。慶応大学も近く慶応の薬学部としてのオファーもかなり前からあり、出ては消えを繰り返しとうとう慶応大学が共立女子薬科大学と話をまとめてしまった。もしかしたら母校が慶応?てなことになったかも(笑)

あれ、何を書きたかったんかな、軟派になってしまった小生のこと?いや大学を紹介するつもりだったので最後に最近の薬学部ランキングを紹介しておこう。

http://daigakujyuken.boy.jp/zennkokuyakugakubu.html

小生にとって初めて彼女と呼べる?彼女が現彼女で・・。いやあ人生はおもろいな。

« LINE? | トップページ | 賞味期限・消費期限 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

確か自分でも「わぇはスターや!」って言ってなかったっけ?
それはともかく、言葉を仕事にしていた身としては、やはりCharはチャーじゃなくChar、慶應は慶応ではなく慶應が、しっくりする気がするが・・・・。
細かく突っ込むな!とゴア君に怒られそうやけど(笑)。

K君いつも読んでくれているみたいで、ありがとう。南の島でアイス売ってる親父やのに、さすがに国立大学卒業してるだけのことあるなあ。(関係ないか)アハハ!
もうちょっというと、同期のH君が書いてるブログ見るとラグビー・サッカーまで漢字表記やろ。K君も文系国立大学出身やから文字に拘るんやな。
理系のわぇも、もうちょっと勉強せなあかんのかなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 星薬科大学:

« LINE? | トップページ | 賞味期限・消費期限 »