« 今季最低気温 | トップページ | 和歌山の海とシラス漁 »

加太の鯛

昨日、加太の鯛を釣りに田倉沖に船を出す。日曜日ということで、本職・素人の船が大挙してやってきていた。風も強く・波も結構高い。小生は糸の立て方を練習しながら、荒波の中糸をたらす。波の影響で船の横に付けている長いケンケン用の竿が飛び跳ねて危ない。しかも帆を前に引っ張っているワイヤーが外れた。なのであまり無理はできない。

予報では風もおさまり凪いでくる予定だが・・・アカン。魚探には反応が出てきたりするが、これまた初めてのビシマでの手釣り。夜に手作りした仕掛けを落とすもまずは真っ直ぐなることだけに注意が行ってなかなか釣りにならない。

そんな時仲間の漁師がハマチをかけるもタモが傍にない、前に撮りに行くと・・アレレ運悪くタモの網が煙突に引っかかる。もたもたしてるとバレタ!ゴメン。タモは常にそばに置いておきます。

それでも本職の船が傍にくると邪魔にならないように気を使いながら操船していると、とうとう小生の仕掛けにアタリが来た。しかしハマチのような強烈な引きではない。なので鯵かな?っと思って、本日は鯵の刺身なりと思いきや上がってきたのは「加太の鯛」サイズは43cmとちょっと小さいが食べごろの鯛を釣りあげる。

もっと釣りたかったが、帆のワイヤーが外れているのと風が強くなってきたので、早上がりしました。残念ですが無理はしません。また行きますよ!

加太の鯛もやっと年末近くなって値段が上がって漁師さんの売値が1kg4000-5000円ぐらいになったらしい。なので小生も5000円釣り上げたとちょっと満足でした。

このとてもうまい鯛をなんとかもっと安い値段で食べてもらいたい。そのためには小生がもっと釣らなアカン。それと加太の鯛の新鮮なものがどれだけ旨いかを知ってもらいたいです。ハマチ・鯵・ハゲ・ガシラなど全て旨いけど・・アハハ。まあとにかく頑張るよ!

S1355631797883

50cmのクーラーですよ!

Sdscf0683

ちょっと嬉しそうでしょう。自分の船でオリジナル仕掛けの初手釣りで釣った初の加太の鯛ですよ。

« 今季最低気温 | トップページ | 和歌山の海とシラス漁 »

漁師への道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 加太の鯛:

« 今季最低気温 | トップページ | 和歌山の海とシラス漁 »