« 就職戦線に? | トップページ | 2niti »

鯛が消えた

昨日は3月25日でありました。普通の人はそれがなんやねんですが、漁師は3月25日が大切ではなくて、旧暦の16日つまり1日の潮で有ることが大切なんです。旧暦の暦を15進法に変えるとその日の潮が何日の潮かわかります。

一般の方も1日はなんとなく気分を入れ替えたりしますが、漁師も気分を変えたりするのです。1日の潮やさかい、潮が変わって爆釣するんじゃなかろうかと。

そんな日だったのです、昨日は。潮は1日の大潮、天候凪。

小生もしばらくぶりに期待を膨らませて、颯爽と沖にでた。一人で沖に出るとなんとなくかっこええなぁっていつも思ってしまいます。がはは。

ポイントについて仕掛けを投入・・・・・・当たりなし。ポイント移動して投入・・・当たりなし。

魚探に反応なし。また潮の流れもだんだんゆるくなる。アカン残された時間は・・・・。

とうとう一度も、なんのアタリもなく10時を迎えるころには全く潮流れずで寄港する。

手ぶらで、乗船したが、下船も手ぶらこれは楽ちんやなぁ。と自分をプラス思考に変える。周りの船でも釣果は芳しくなく加太の鯛はどこに行ったのでしょう。あきませんねぇ。

そして深日漁港所属のシラス船、タンカーに衝突転覆して30歳の若者二人(一人死亡・一人行方不明)まあ二人助かったけど・・・4人も乗ってて誰も見てなかったんかい!これが不思議や。タンカーも警笛ならずで見張り不足か?どっちにしてもご近所の漁港での出来事でビックリしました。

和歌浦のシラスの船に釣果を聞いたら、反応なしで網入れず帰ってきたとの事。シラスもイカナゴも無いんじゃ他の魚も寄り付かんなあ・・・と現状に諦めをつけた小生です。漁師に言うたった、事故せんからええやん。これって慰めになるんかい?ってことやな。

ちょっと暇になった午後は手術をしたK君のお見舞いに行ったら、元気に復活?していて良かった。もう一人のO君は一度退院でまた再入院らしい。元気がだけが財産の小生も健康診断とかちゃんと受けたいと思うようになりました。

« 就職戦線に? | トップページ | 2niti »

漁師への道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鯛が消えた:

« 就職戦線に? | トップページ | 2niti »