« 納税協会職員は民間人? | トップページ | 絶滅危惧種?船大工 »

小さな造船所2

本日は小生の船の小改造を行うべく出かける。その前に市役所にも野暮用だ!

お昼前にまず小さな造船所?のSさんに小型船舶協会の資料を届けて、ついでに完成真近の船をみて感動さえ覚えた。何から何まで手作り。ホントビックリします。そんなNさんに小生の船の小改造の話をすると・・・そんなのと笑われました。

船べりにラーク(LARK)竿を固定する万力みたいな道具を船べりを固定できるようにしたいのです。そしてNさん小生の船に乗ると「わしがこんな船持ってたら八丈(八丈島?)までも行くな!やて。ゲゲゲ・・・ちょっと風が吹いたら沖に出ることためらう新米漁師とは違うな。

そして懸案のラークをみて「このラークに穴をあけてボルト止めたらええがね」????

もうわけがわかりません。なので小生のラークを持って帰って穴を開けてくるらしい。すごすぎる。このおっさん、漁師なのか鉄工所なのかもうようわかりません。ただもうお任せにしました。

そうそう・・・今年に入ってから鮮魚倶楽部の問い合わせが増えてきて、皆さん応援してくれているのに・・・ホンマにすみません。出来ることを1つ1つクリアしていきます。今日も夜は船頭と打ち合わせしてきます。

春には桜の満開と同時に鮮魚倶楽部の前進を目標に頑張ります。

« 納税協会職員は民間人? | トップページ | 絶滅危惧種?船大工 »

漁師への道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小さな造船所2:

« 納税協会職員は民間人? | トップページ | 絶滅危惧種?船大工 »