« クリスマス | トップページ | 正月用の鯛ゲット »

餅つき

昨日は実家の餅つきを手伝ってきました。もち米は前日から洗って、水につかったましたが・・・ざるにあげて水分を切るって思っていたら、蒸し器で蒸してから餅つき機でつくという。

高齢の両親は毎年そのようにしていたので、なぜ?餅つき機で蒸すからしないのか?聞いてみたら、このほうが早い?って言うので・・・その手順でやってみた。ところが、蒸すのに30-40分もかかるし、どのくらい蒸すのか感だと言う。もう仕方ないので、感を頼りに蒸したが、蒸されたもち米を餅つき機に移すだけも大変?もうなぜ・・・すべて機械に任さないか・・でもなんとか餅がつきあがった。

これを丸めるのだが、毎年手で熱い熱いって言いながら丸めてたらしい。今年は小生が「まんまる名人」を持参していたので、さっそと完了した。これには両親もびっくりしたようだ。

そして、携帯に電話しても出ないから、固定電話にかけていたのだが、携帯に出ない理由がわかった。マナーモードになっていたので、音が出ないのである。しかも不在着信もよくわからんらしい。とりあえず、音が出るようにして・・・もう少しマメに顔を出さないとダメですね。

とは言っても今は忙しいので、なかなか時間がとれないのですがね。

小生は今日も楽しい釣りができて幸せでした。今日の笑顔さんたちですよ。

S006

S008

S009



« クリスマス | トップページ | 正月用の鯛ゲット »

漁師への道」カテゴリの記事

コメント

感じゃなくて、勘やで~。
孝行をしたい時分に親はなし、まさに実感しています。船頭家業も大変やと思うが、時々は航行休んで孝行せんとね。頑張れ!

おおおお・・・流石文系君やなぁ・・。誤字よう見つけるわ。笑
だよな!わぇらの年になると親が元気なのが一番うれしいな。

今年も頑張って仕事するよ!和歌山に戻るの反対してた親も今では応援してくれてるよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 餅つき:

« クリスマス | トップページ | 正月用の鯛ゲット »