« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月の記事

釣りバカ

西田敏行の浜ちゃんのように、仕事よりも釣りを優先?する人たちではないが、この真冬に釣りに来てくれる。

しかも、冷たい雨が降っているのに。

小生的には雨が降りそうなので、予約をキャンセルしていただいても、全く問題ないのであるが、来てくれる。

そして、笑顔で帰って行かれる。もう・・感動の嵐である。アハハ

釣れても、釣れなくても、何故か心惹かれる釣り。小生も30歳の時に会社の後輩が届けてくれた1匹のハマチ!

当時、東京在住の小生が釣りに行くことになる、きっかけで有る。以後は釣りにここまではまるとはねぇ。

大学も薬学部じゃなくて、水産学部を選べばよかった・・・なんてね。

人生いつからでも、やり直せる。やれるときに動けば道は開かれる?

今年2月で90歳に成る母親の入居施設で発熱している人が・・・そしてとうとう母親も昨日発熱したとのこと

うーーーん。コロナでないことを願うだけ。今は発熱でもすぐに病院に行けず、まずは様子見だ。

なので、昨日から酒も飲まず、いつ呼び出しが有っても動けるように準備している。

もう・・心残りがないと言う母親。ゆっくり残りの人生を楽しんでくれたらいいのだけど。

マイナンバーカードが危険

今日、母親のマイナンバーカードの電子認証の有効期限が近い❗っていう封書が届いた

なので、市役所(和歌山南サービスセンター)で手続きをしてきた。

先ずは、郵送で届いた申請書類に住所や暗証番号を記入して、持って行ったのに、再び申請書書かされた❗

多分小生が記入した申請書類には暗証番号迄書いているので、本来は市の職員が見てはいけないのでは?って思いながらも、言われるまま手続き

最後にマイナンバーカードのコピー迄取られて、これで良いのか?

もしも悪用考える職員なら、なんでも出来てしまう❗これはダメでしょう✨

これから金融機関や医療保険なんかもマイナンバーで統一差せるなら、もっとセキュリティーしっかりして欲しいよ✨

医療従事者

コロナで命の危険を省みず、治療や看護にあたる医療関係者には、本当に頭が下がる❗しかも病院経営が苦しく成って手当てが減るなんてことも❗

一方、母親のケアを同級生の医者から、施設の往診してくれる医者に任せて1年、なんか、医療費が高いなぁって思ってたら

訪問看護を月2回、認知症以外はほぼ健康だった母親なのに🎵しかも薬も不必要と想われる物に変えられていた。医療の知識があまり無ければ気づかない❗小生もコロナで面会も出来ず、お任せしていて気がつかなかった

医療費が異常に高く成って初めて気がついた。薬剤費も毎月かなり大きく成ってた

もうーこんな医者には絶対かかりたくないし、別に胃の具合が悪くないのに、PPIとその他マーゲンミッテル4剤出す医者に従う薬剤師

門前薬局でツーカーだろうけど、これじゃ医薬分業は経費かかるだけで意味がない

投薬のミスだけのチェックなら、パソコン有れば、してくれる。

もうーー今日は本当に腹がたった

明日は仕事休みにして、もう一度医者を同級生に戻す、薬局も大学の後輩の薬局に頼んできた❗



« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »